読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今を生きる、言葉を贈ろう

一日一日、日々を送る中で大切にしたいもの。そんなことを思いながら目にした言葉を集めています。

 

 

 

 

【やなせたかしの言葉】 本当の正義というものは、けっしてかっこういいものではないし・・・

本当の正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです。 そしてそういう捨身、献身の心なくしては正義は行えません。 やなせたかし やなせたかし1919年高知県生まれ。東京高等工芸学校(現千葉…

【三浦知良の言葉】 ブラジルで最初は「ジャポネーゼ」とバカにされた僕が・・・

ブラジルで最初は「ジャポネーゼ」とバカにされた僕が、やがて「カズ、ばか野郎」とやじられたときは感慨深かった。 日本人というくくりを越え、個人として認められたんだなぁと。 「国境を越えるブーイング」はいいもんだね。 三浦知良 三浦知良1967年(昭和…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 自分のことばかり考えていないだろうか・・・

自分のことばかり考えていないだろうか? 奪う人、支配する人、逃げる人、 これらの人は幸せになることができないだろう。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人で…

【中村俊輔の言葉】 物事が起きるには、絶対に何か原因があるはず・・・

物事が起きるには、絶対に何か原因があるはず。 自分の思い通りに箏が進まないなら、その原因を察知して解決の糸口を見つけ出せばいい。 中村俊輔 中村俊輔1978年、神奈川県生まれ。1997年に横浜マリノス(現横浜F・マリノス)加入。2000年MVPなどのタイトル…

【森信三の言葉】 天の命として謹んでこれをお受けし・・・

天の命として謹んでこれをお受けし、ひとり好悪をいわないのみか、これこそ真に自己を生かすゆえんとして、その最善を尽くすべきだと思うのであります。 森信三 森信三明治29年(1896年)愛知県に生まれる。大正12年京都大学哲学科に入学し、主任教授・西田幾…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 交友や愛の課題における失敗から逃げるために・・・

交友や愛の課題における失敗から逃げるために 必要以上に仕事に熱中する人がいる。 そういう人は週末の休日さえも恐れるのだ。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨…

【草間彌生の言葉】 前衛とは、未来に対する膨大な希望をもって現実の問題に向かう立場・・・

前衛とは、未来に対する膨大な希望をもって現実の問題に向かう立場のことです。 自分の大いなるメッセージを通して、生命の置かれる位置とはどういうものであるかを振り返ってみること。 これが現役の前衛作家としての思想だと思っています。 草間彌生 草間…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 使い続けたライフスタイルが支障をきたしても・・・

使い続けたライフスタイルが支障をきたしても 人はそれを変えようとはしない。 現実をねじ曲げてでも 自分は正しいと思い込むのである アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理…

【佐藤オオキの言葉】 逆風は常にウエルカム。自分はそう思っています・・・

逆風は常にウエルカム。 自分はそう思っています。 壁に直面したときというのは、いくつかの選択肢で迷っていることを意味します。 そして、どっちの道に行くかで迷ったら、いくつかある中で必ず一番めんどくさいものを選べばいいんです。そういうものを基準…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 感情はクルマを動かすガソリンのようなもの・・・

感情はクルマを動かすガソリンのようなもの。 感情に「支配」されるのではなく「利用」すればよい。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人であるにもかかわらず、日…

【中村俊輔の言葉】 壁があるほうが僕は落ち着く・・・

壁があるほうが僕は落ち着く。 どんなに分厚い壁であっても、それから逃げることはない。逃げようという気持ちも起きない。 どんなに困難で、たとえ、ぶつかって砕け散ったとしても、“ぶつかった”ことで得るものがあるから。 中村俊輔 中村俊輔1978年、神奈…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い・・・

劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い。 しかし、劣等感をバネに 偉業を成し遂げた者も数知れない。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人であるにもか…

【草間彌生の言葉】 芸術の創造的思考は、最終的には孤独のなかで生まれ・・・

芸術の創造的思考は、最終的には孤独のなかで生まれ、鎮魂の静寂からきらめきはばたくものである、と私は信じています。 草間彌生 草間彌生1929年長野県生まれ。前衛芸術家、小説家。1957年渡米。画面全体に編目を描いたモノクローム絵画やソフト・スカルプチ…

【松下幸之助の言葉】 人間は、どんなときでも、けっして悲観してはいけません・・・

人間は、どんなときでも、けっして悲観してはいけません。 悲観してしまうと、智恵もかれてしまう。 公正な判断が出来なくなり、なすべきことがわからなくなってしまいます。 どんな困難に出会っても悲観はさておき、どこにその原因があるか、冷静に見ること…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない・・・

遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない。 どんな過去であれ 未来は「今ここにいるあなた」が作るのだ。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人であるにもかかわら…

【佐藤オオキの言葉】 カタチではなく、その背後にあるアイデアや歴史・・・

カタチではなく、その背後にあるアイデアや歴史。その集積が生みだす「ブランド」という、これまたカタチのない価値。 それが長期的に企業に利益をもたらすという意識がマスにまで浸透している状況は、「感度が高い」といえます。 日本発の高級ブランドが存…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 人は過去に縛られているわけではない・・・

人は過去に縛られているわけではない。 あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。 過去の原因は「解説」にはなっても 「解決」にはならないだろう。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト…

【佐藤オオキの言葉】 「誰も見たことがないもの」は、「誰も求めていないもの」と紙一重・・・

「誰も見たことがないもの」は、「誰も求めていないもの」と紙一重。 理想は「本来はそこにあるはずなのに、なぜかない」ものを「補充する」くらいの感覚です。 佐藤オオキ 佐藤オオキ1977年カナダ生まれ。2000年早稲田大学理工学部建築学科首席卒業。2002年…

【スティーブン・R・コヴィーの言葉】 人間の本来の姿は主体的なものである・・・

人間の本来の姿は主体的なものである。 だから、意識的な選択にせよ、無意識的な選択にせよ、もし自分の人生が今までの条件付けや周りの状況にコントロールされているとすれば、それは、そうしたものに主導権を譲った結果に他ならない。 スティーブン・R・コ…

【佐藤オオキの言葉】 自分にしても、最初からアイデアなんてあるわけがなく・・・

自分にしても、最初からアイデアなんてあるわけがなく、頭の中は常に「空っぽ」。 佐藤オオキ 佐藤オオキ1977年カナダ生まれ。2000年早稲田大学理工学部建築学科首席卒業。2002年同大学大学院修了後、デザインオフィスnendo設立。「小さな“!”を感じてもらう…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 人生が困難なのではない。あなたが人生を・・・

人生が困難なのではない。 あなたが人生を困難にしているのだ。 人生は、きわめてシンプルである。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人である。。個人心理学(ア…

【松下幸之助の言葉】 結婚のことにせよ、仕事のことにせよ、同じことです・・・

結婚のことにせよ、仕事のことにせよ、同じことです。 けっしてあわてることはない。 おそろしいのは日々なすべきことをおろそかにすることです。 ぴしっとやるべきことをやっていけば、ときとともに道はひらけてくるはずです。 わたしは、人間はすべて、そ…

【草間彌生の言葉】 理不尽な環境に打ち勝つということは、追いつめられた状況に打ち勝つということであり・・・

理不尽な環境に打ち勝つということは、追いつめられた状況に打ち勝つということであり、人間として生まれてきたからこその試練であると思っています。 だから、私はいつも自分の全人格をもって苦しい状況に立ち向かってきました。 そういうことに巡り会った…

【中村俊輔の言葉】 他人に興味を持つことで、いろんな人の経験を知ることができ・・・

他人に興味を持つことで、いろんな人の経験を知ることができ、自分にフィードバックできるものを発見することもある。 どんな仕事をしている人であっても、その人の持つ「経験」は貴重な財産だから。 中村俊輔 中村俊輔1978年、神奈川県生まれ。1997年に横浜…

【黒住宗忠の言葉】 天地(あめつち)の心のありか尋ぬれは・・・

天地(あめつち)の心のありか尋ぬれは 己(おの)か心の内にこそ有りける 黒住宗忠 黒住宗忠安永9年11月26日(1780年12月21日) - 嘉永3年2月25日(1850年4月7日))現代の岡山県に位置した備前国御野郡中野村の今村宮に仕える禰宜の家に三男として生まれる。…

【草間彌生の言葉】 私のやることなすことは、何故か知らぬ間に誤解やスキャンダルの只中に立たされ・・・

私のやることなすことは、何故か知らぬ間に誤解やスキャンダルの只中に立たされ、大真面目になればなるほど、外部との事態は悪くなっていきました。 私の芸術の社会的結果は、前衛であるという姿勢においてはいつも惨めだったのです。 体勢と規制の壁はいつ…

【『中庸』の言葉】 喜怒哀楽の未だ発せざる、これを中と謂う・・・

喜怒哀楽の未だ発せざる、これを中と謂う。 発して皆な節に中る、これを和と謂う。 中なる者は天下の大本(たいほん)なり。 和なる者は天下の達道なり。 中和を致して、天地位し、万物育す 『中庸』 『中庸』「四書」の一つとして広く知られている『中庸』は…

【福沢諭吉の言葉】 人の天然生ま附(つき)は、繋がれず縛られず・・・

人の天然生れ附(つき)は、繋がれず縛られず、一人前の男は男、一人前の女は女にて、自由自在なるものなれども、唯自由自在とのみ唱えて分限を知らざれば我儘放蕩に陥ること多し。 即ち其分限とは、天の道理に基き人の情に従い、他人の妨を為さずして我一身…

【『中庸』の言葉】 天の命ずるこれを性と謂う。性に率うこれを道と謂う・・・

天の命ずるこれを性と謂う。 性に率(したが)うこれを道と謂う。 道を脩(おさ)むるこれを教と謂う。 道なる者は、須臾も離るべからざるなり。 『中庸』 『中庸』「四書」の一つとして広く知られている『中庸』は、もともと『礼記』中の一篇として伝えられてき…

【王貞治の言葉】 人間はね、そんなに賢くないから、失敗しない限り学べないんです・・・

人間はね、そんなに賢くないから、失敗しない限り学べないんです。 失敗することで「これをやったらだめ」「こうやればうまくいく」ということがわかってきて、自分なりの答えの“引き出し”が増えてきます。 すると、まったく初めての状況にぶち当たっても、…

【ブッダの言葉】 実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば・・・

実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息(や)むことがない。 怨みをすててこそ息(や)む。 これは永遠の真理である。 ブッダ ブッダ紀元前5世紀ごろの北インドの人物で、仏教の開祖。本名はゴーダマ・シッダッダ。苦悩…

【松下幸之助の言葉】 長い人生においては、もちろん将来に対する綿密な計画を立てて進んでいくことも・・・

長い人生においては、もちろん将来に対する綿密な計画を立てて進んでいくことも、たいへん結構なことです。 ただ、人生は、幸か不幸か、なかなか計画通りにいかないことが多い。 それよりもむしろ、日々の生活に全身全霊を打ちこんで、充実した毎日を送るこ…

【森信三の言葉】 われわれ人間というものは、すべて自分に対して必然的に与えられた事柄については・・・

われわれ人間というものは、すべて自分に対して必然的に与えられた事柄については、そこに好悪の感情を交えないで、素直にこれを受け入れるところに、心の根本態度が確立すると思うのであります。 森信三 森信三明治29年(1896年)愛知県に生まれる。大正12年…

【ブッダの言葉】 ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される・・・

ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。 もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、福楽はその人につき従う。 ー影がそのからだからはなれないように。 ブッダ ブッダ紀元前5世紀ごろの北インドの人物で、仏教の開祖。本名は…

【黒住宗忠の言葉】 天照す神諸(もろ)ともに行く人は・・・

天照す神諸(もろ)ともに行く人は 日毎日毎に有り難きかな 黒住宗忠 黒住宗忠安永9年11月26日(1780年12月21日) - 嘉永3年2月25日(1850年4月7日))現代の岡山県に位置した備前国御野郡中野村の今村宮に仕える禰宜の家に三男として生まれる。 幼名を権吉(…

【マイスター・エックハルトの言葉】 魂の中に一つの力があり・・・

魂の中に一つの力があり、その力にとってはすべての事物が甘美である。 いや、この世界の最もつまらぬものと最もよきものさえ、この力にとっては全く相等しいのだ。 この力が万物を「ここ」と「今」のかなたで受け入れる。 「今」ーーそれは時間である。 そ…

【草間彌生の言葉】 網の中に無限に埋没し、無限に発展していく・・・

網の中に無限に埋没し、無限に発展していく、その突端に自分たちが住んでいる。 自分たちがそこから希望をつかみ出すことによって明日のことを考えることが出来る、無限の網という世界は、そういった神秘的な存在なのです。 草間彌生 草間彌生1929年長野県生…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 遺伝や育った環境は単なる「材料」でしかない・・・

遺伝や育った環境は単なる「材料」でしかない。 その材料を使って 住みにくい家を建てるか、住みやすい家を建てるかは あなたが自身が決めればいい。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユ…

【柿本人麿の言葉】 草枕 旅の宿に・・・

草枕 旅の宿(やどり)に 誰か夫(つま)か国忘れたる 家持たなくに 柿本人麿 柿本人麿『万葉集』第一の作者。大和の古い豪族の出身で、持統女帝に使えた文人。儀礼歌、相聞歌に古今独歩の才を示した。 「柿本人麿」で検索する

【河合隼雄の言葉】 おそらく、人間というものは真に心の成熟を遂げるためには・・・(2)

ただ、大人たちは、子どもがそのような体験をしつつあることを、ある程度は知ってやることが必要で、大人の共感が少なすぎると、大人と子どもの絆は断ち切られてしまうことになる。 親にとって、子どもの心がそのままわかることなど不可能に近いが、せめて少…

【河合隼雄の言葉】 おそらく、人間というものは真に心の成熟を遂げるためには・・・(1)

おそらく、人間というものは真に心の成熟を遂げるためには、一般に否定的な評価を受けている、憎しみ、怒り、悲しみ、などの感情を体験することも必要なのだろう。 そして、そのようなことを体験しつつ、なおかつ関係の切れない人間関係として、家族というも…

【王貞治の言葉】 人間がひとりでできることは大したことないんですよ・・・(2)

だから僕は、自分を助けてくれた人たちに対して、常に「ありがとう」という気持ちが心のどこかにあります。 そして、「ありがたい」という感謝の気持ちがあると、よい出会いが増えていく気がします。 王貞治 王貞治1940年5月20日生まれ。日本生まれ、中華民…

【王貞治の言葉】 人間がひとりでできることは大したことないんですよ・・・(1)

人間がひとりでできることは大したことはないんですよ。 本人は気づいていなくても、子供の頃は親とか兄弟の力を借り、大きくなれば仲間や先輩たちの力を借りて、初めて何かを成し遂げられるんです。 人と人との出会いで、世の中が動いているといってもいい…

【岡田武史の言葉】 一歩を踏み出さないで、「どうやったら夢が見つかるでしょう?」なんて・・・

一歩を踏み出さないで、「どうやったら夢が見つかるんでしょう?」なんて他人に聞いていても仕方ありません。 ぐずぐず迷っている暇があったら、なんでもいいから、とにかく一歩を踏み出し動いてみる。 すべてはそこから始まるんです。 岡田武史 岡田武史1956…

【王貞治の言葉】 僕自身、失敗したときの悔しさほど強烈に残っています・・・

僕自身、失敗したときの悔しさほど強烈に残っています。 まわりの人は記録に残るホームランや劇的な場面を褒めてくれるんですが、本人としてはそういうのはあまり憶えていないんです。 逆にいうと、うまくいったことやよいときのことしか憶えていない人は,…

【草間彌生の言葉】 「無限の網」は自分の生命や宇宙。私の思想も・・・

「無限の網」は自分の生命や宇宙、私の思想も無限であることを表現している。 草間彌生 草間彌生1929年長野県生まれ。前衛芸術家、小説家。1957年渡米。画面全体に編目を描いたモノクローム絵画やソフト・スカルプチュアで高い評価を得る。1960年代後半には多…

【本田宗一郎の言葉】 ありのままの子どものを理解しようと努力もせず・・・

ありのままの子どもを理解しようと努力もせずに、親の常識の枠内で教育しようとかかるから、いやらしいオトナびた子どもや、老人みたいな青年が生まれるのだ。 これほど子どもにとって不幸な、迷惑なことはあるまい。 本田宗一郎 本田宗一郎1906年(明治39年)…

【三浦知良の言葉】 奇麗な引き際をみせて現役としての歩みを止めようだとか・・・

奇麗な引き際をみせて現役としての歩みを止めようだとか、指導者の道を新たに歩もうだとか、いまだにまったく考えもしません。 「とまらない」。 いいんじゃないでしょうか。 三浦知良 三浦知良1967年(昭和42年)、静岡県生まれ。15歳で渡ったブラジルでプロ…

【アンリ=ベルクソンの言葉】 問題を出すということが一番大事なことだ・・・

問題を出すということが一番大事なことだ。 うまく出す。 問題をうまく出せば即ちそれが答えだ。 アンリ=ベルクソン アンリ=ベルクソン1859年10月18日 - 1941年1月4日フランスの哲学者。出身はパリ。日本語では「ベルグソン」と表記されることも多い。 「ベ…

【佐藤オオキの言葉】 自分の仕事を「楽しい」と感じられていない人は・・・

自分の仕事を「楽しい」と感じられていない人は、きっと「仕事の楽しさ」の意味をはき違えているか、必要最低限の「がんばり」が足りない、あるいはまだ楽しさの存在に気づいていないだけなのかもしれません。 佐藤オオキ 佐藤オオキ1977年カナダ生まれ。200…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...