今を生きる、言葉を贈ろう

一日一日、日々を送る中で大切にしたいもの。そんなことを思いながら目にした言葉を集めています。

 

 

 

 

勝負師

【桜井章一の言葉】 ふだんわれわれは、自分の中で「足りている」ものをいかにムダにしているか・・・

ふだんわれわれは、自分の中で「足りている」ものをいかにムダにしているかということである。 使わないでもったいないことをしておきながら、「足りない、足りない」と嘆いているのである。 「足りていない」と思っている状態は、実はすでに豊かな状態なの…

【桜井章一の言葉】 恨みを抱かないためには、諦め上手になることだ・・・

恨みを抱かないためには、諦め上手になることだ。 恨みの感情を抱くとたいてい自分を責めるか他人を責める。 諦めが上手い人は自分を責めることもなく他人を責めることもない。 桜井章一 桜井章一東京生まれ。大学時代より麻雀を始める。昭和30年代より、裏…

【桜井章一の言葉】 安易に「悟り」などという言葉は使わないほうがいい・・・

安易に「悟り」なんて言葉は使わないほうがいい。 そもそも悟ってしまったら、そこから先はないということではないか。 悟ってしまったら面白くない。 人生は悟らぬうちが花である。 桜井章一 桜井章一東京生まれ。大学時代より麻雀を始める。昭和30年代より…

【桜井章一の言葉】 「足し算」をするときは、同時に「引き算」もやったほうがいい・・・

「足し算」をするときは、同時に「引き算」もやったほうがいい。 引き算というのは、足し算的発想を戒めることでもあり、人に何かを譲ったり、与えたりすることでもある。 ただこの引き算は正確に言うと足し算の反対の引き算とは違う。 それは足すという発想…

【羽生善治の言葉】 見通しが立たない状況のなかでもがくことは・・・

見通しが立たない状況のなかでもがくことは、とても大切だと思う。今でもそう思っている。スマートではないかもしれないが、もがき続けて習得したものは忘れにくい。というより、忘れることができない。泥臭く頑張るのは現代にはマッチしにくいかもしれない…

【桜井章一の言葉】 私はふつうならここで「力」を入れないと、という局面で・・・

私はふつうならここで「力」を入れないと、という局面では、「力」を抜くようにする。「力」が抜けているほど、物事はスムーズにいくものだ。 桜井章一 桜井章一東京生まれ。大学時代より麻雀を始める。昭和30年代より、裏プロの世界で勝負師としての才能を…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...