今を生きる、言葉を贈ろう

一日一日、日々を送る中で大切にしたいもの。そんなことを思いながら目にした言葉を集めています。

 

 

 

 

古典

【ブッダの言葉】 善いことをした人は、この世で喜び、来世でも喜び・・・

善いことをした人は、この世で喜び、来世でも喜び、ふたつのところで共に喜ぶ。かれは、自分の行為が浄らかなのを見て、喜び、楽しむ。 ブッダ ブッダ紀元前5世紀ごろの北インドの人物で、仏教の開祖。本名はゴーダマ・シッダッダ。苦悩の末悟りを開き、ブッ…

【『中庸』の言葉】 喜怒哀楽の未だ発せざる、これを中と謂う・・・

喜怒哀楽の未だ発せざる、これを中と謂う。 発して皆な節に中る、これを和と謂う。 中なる者は天下の大本(たいほん)なり。 和なる者は天下の達道なり。 中和を致して、天地位し、万物育す 『中庸』 『中庸』「四書」の一つとして広く知られている『中庸』は…

【『中庸』の言葉】 天の命ずるこれを性と謂う。性に率うこれを道と謂う・・・

天の命ずるこれを性と謂う。 性に率(したが)うこれを道と謂う。 道を脩(おさ)むるこれを教と謂う。 道なる者は、須臾も離るべからざるなり。 『中庸』 『中庸』「四書」の一つとして広く知られている『中庸』は、もともと『礼記』中の一篇として伝えられてき…

【ブッダの言葉】 実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば・・・

実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息(や)むことがない。 怨みをすててこそ息(や)む。 これは永遠の真理である。 ブッダ ブッダ紀元前5世紀ごろの北インドの人物で、仏教の開祖。本名はゴーダマ・シッダッダ。苦悩…

【ブッダの言葉】 ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される・・・

ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。 もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、福楽はその人につき従う。 ー影がそのからだからはなれないように。 ブッダ ブッダ紀元前5世紀ごろの北インドの人物で、仏教の開祖。本名は…

【柿本人麿の言葉】 草枕 旅の宿に・・・

草枕 旅の宿(やどり)に 誰か夫(つま)か国忘れたる 家持たなくに 柿本人麿 柿本人麿『万葉集』第一の作者。大和の古い豪族の出身で、持統女帝に使えた文人。儀礼歌、相聞歌に古今独歩の才を示した。 「柿本人麿」で検索する

【柿本人麿の言葉】 ささの葉は みやまもさやに・・・

ささの葉は み山もさやに さやげどもわれは妹おもふ 別れ来ぬれば 柿本人麿 柿本人麿『万葉集』第一の作者。大和の古い豪族の出身で、持統女帝に使えた文人。儀礼歌、相聞歌に古今独歩の才を示した。 「柿本人麿」で検索する

【紫式部の言葉】 さかさまに行かぬ年月よ。

さかさまに行かぬ年月よ。老(おい)はえのがれぬわざなり。 紫式部 紫式部平安時代中期の女性作家、歌人。『源氏物語』の作者と考えられている。中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。『小倉百人一首』にも「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲が…

【孔子の言葉】 子曰く、故きを温めて・・・

子曰く、故きを温めて新しきを知る、以て師と為すべし。 孔子 孔子紀元前552年10月9日‐紀元前479年3月9日春秋時代の中国の思想家、哲学者。儒家の始祖。 氏名は孔、諱は丘、字は仲尼(ちゅうじ)。実力主義が横行し身分制秩序が解体されつつあった周末、魯国…

【荘子の言葉】 夜旦の常・・・

夜旦の常あるは天なり 荘子 荘子中国の戦国時代の宋国の蒙(現在の河南省商丘あるいは安徽省蒙城)に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる人物である。荘周(姓=荘、名=周)。字は子休とされるが、字についての確たる根拠に乏しい。 荘子の他の本を…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...