今を生きる、言葉を贈ろう

一日一日、日々を送る中で大切にしたいもの。そんなことを思いながら目にした言葉を集めています。

 

 

 

 

学者

【アルフレッド・アドラーの言葉】 他人の評価に左右されてはならない・・・

他人の評価に左右されてはならない。 ありのままの自分を受けとめ、不完全さを認める勇気を持つことだ。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人であるにもかかわらず…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 「信用」するのではなく「信頼」するのだ・・・

「信用」するのではなく「信頼」するのだ。 「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じること。 裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユ…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 苦しみから抜け出す方法はたった一つ・・・

苦しみから抜け出す方法はたった一つ。 他の人を喜ばせることだ。 「自分に何ができるか」を考え、それを実行すればよい。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人で…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 自分のことばかり考えていないだろうか・・・

自分のことばかり考えていないだろうか? 奪う人、支配する人、逃げる人、 これらの人は幸せになることができないだろう。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人で…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 交友や愛の課題における失敗から逃げるために・・・

交友や愛の課題における失敗から逃げるために 必要以上に仕事に熱中する人がいる。 そういう人は週末の休日さえも恐れるのだ。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 使い続けたライフスタイルが支障をきたしても・・・

使い続けたライフスタイルが支障をきたしても 人はそれを変えようとはしない。 現実をねじ曲げてでも 自分は正しいと思い込むのである アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 感情はクルマを動かすガソリンのようなもの・・・

感情はクルマを動かすガソリンのようなもの。 感情に「支配」されるのではなく「利用」すればよい。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人であるにもかかわらず、日…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い・・・

劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い。 しかし、劣等感をバネに 偉業を成し遂げた者も数知れない。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人であるにもか…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない・・・

遺伝もトラウマもあなたを支配してはいない。 どんな過去であれ 未来は「今ここにいるあなた」が作るのだ。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人であるにもかかわら…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 人は過去に縛られているわけではない・・・

人は過去に縛られているわけではない。 あなたの描く未来があなたを規定しているのだ。 過去の原因は「解説」にはなっても 「解決」にはならないだろう。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 人生が困難なのではない。あなたが人生を・・・

人生が困難なのではない。 あなたが人生を困難にしているのだ。 人生は、きわめてシンプルである。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユングと並ぶ心理学の巨人である。。個人心理学(ア…

【福沢諭吉の言葉】 人の天然生ま附(つき)は、繋がれず縛られず・・・

人の天然生れ附(つき)は、繋がれず縛られず、一人前の男は男、一人前の女は女にて、自由自在なるものなれども、唯自由自在とのみ唱えて分限を知らざれば我儘放蕩に陥ること多し。 即ち其分限とは、天の道理に基き人の情に従い、他人の妨を為さずして我一身…

【森信三の言葉】 われわれ人間というものは、すべて自分に対して必然的に与えられた事柄については・・・

われわれ人間というものは、すべて自分に対して必然的に与えられた事柄については、そこに好悪の感情を交えないで、素直にこれを受け入れるところに、心の根本態度が確立すると思うのであります。 森信三 森信三明治29年(1896年)愛知県に生まれる。大正12年…

【マイスター・エックハルトの言葉】 魂の中に一つの力があり・・・

魂の中に一つの力があり、その力にとってはすべての事物が甘美である。 いや、この世界の最もつまらぬものと最もよきものさえ、この力にとっては全く相等しいのだ。 この力が万物を「ここ」と「今」のかなたで受け入れる。 「今」ーーそれは時間である。 そ…

【アルフレッド・アドラーの言葉】 遺伝や育った環境は単なる「材料」でしかない・・・

遺伝や育った環境は単なる「材料」でしかない。 その材料を使って 住みにくい家を建てるか、住みやすい家を建てるかは あなたが自身が決めればいい。 アルフレッド・アドラー アルフレッド・アドラー1870~1937年。オーストリア出身の心理学者。フロイト、ユ…

【河合隼雄の言葉】 おそらく、人間というものは真に心の成熟を遂げるためには・・・(2)

ただ、大人たちは、子どもがそのような体験をしつつあることを、ある程度は知ってやることが必要で、大人の共感が少なすぎると、大人と子どもの絆は断ち切られてしまうことになる。 親にとって、子どもの心がそのままわかることなど不可能に近いが、せめて少…

【河合隼雄の言葉】 おそらく、人間というものは真に心の成熟を遂げるためには・・・(1)

おそらく、人間というものは真に心の成熟を遂げるためには、一般に否定的な評価を受けている、憎しみ、怒り、悲しみ、などの感情を体験することも必要なのだろう。 そして、そのようなことを体験しつつ、なおかつ関係の切れない人間関係として、家族というも…

【顧炎武の言葉】 文章が天地の間に絶えてはいけないというのは・・・

文章が天地の間に絶えてはいけないというのは、道理を明らかにするものだからである。政事を記録するものだからである。人民の言おうとして言いえないことを、はっきりさせるものだからである。人々の善をいうのを楽しむものだからである。このようなものは…

【河合隼雄の言葉】 大人たちは、子どもの姿の小ささに惑わされて・・・(2)

このような恐ろしいことは、しばしば大人たちの自称する「教育」や「指導」「善意」という名のもとになされるので、余計にたまらない感じを与える。 私はふと、大人になるということは、子どもたちのもつこのような素晴らしい宇宙の存在を、少しずつ忘れ去っ…

【河合隼雄の言葉】 大人たちは、子どもの小ささに惑わされて・・・(1)

大人たちは、子どもの姿の小ささに惑わされて、ついその広大な宇宙の存在を忘れてしまう。 大人たちは小さい子どもを早く大きくしようと焦るあまり、子どもたちのなかにある広大な宇宙を歪曲してしまったり、回復困難なほどに破壊したりする。 河合隼雄 河合…

【岡潔の言葉】 数学は必ず発見の前に一度行き詰まるのです・・・

数学は必ず発見の前に一度行き詰まるのです。 行き詰まるから発見するのです。 西洋人は自我が努力しなければ知力は働かないと思っているが、数学上の発見はそうではない。行き詰まって、意識的努力なんかできなくなってから開けるのです。 岡潔 岡潔大阪生…

【安岡正篤の言葉】 したがって我々は何を学ぶのか・・・

したがって我々は何を学ぶのか、何のために教学を重んずるかといえば、第一に自己の自主性・自立性を錬磨すること、自由を確立することであり、進んでは、それによって発達する自己を通じて、何らか世のため人のために尽くさんがためである。そのために学び…

【荻生徂徠の言葉】 気質は何としても変化ならぬ物にて候・・・

気質は何としても変化ならぬ物にて候(そうろう)。米はいつ迄も米、豆はいつまでも豆にて候。 只気質を養い候て、其生れ得たる通りを成就いたし候が学問にて候。 荻生徂徠 荻生徂徠1666年3月21日~1728年2月28日 江戸時代中期の儒学者・思想家・文献学者で…

【野口三千三の言葉】 一人の人間の創造なんて、ほんのちょっとだけ・・・

一人の人間の創造なんて、ほんのちょっとだけだ。 だからこそ、ほんのちょっとのことが大事なのだ。 野口三千三 野口三千三 1914年群馬県生まれ。1934年群馬県師範学校卒業。群馬師範学校・東京体育専門学校助教授を経て、1949年から東京芸術大学教授。退官後…

【伊藤仁斎の言葉】 仁者は俗を嫉むの・・・

仁者は俗を嫉(にく)むの心少し 伊藤仁斎 伊藤 仁斎寛永4年7月20日(1627年8月30日) - 宝永2年3月12日(1705年4月5日))は、江戸時代の前期に活躍した儒学者・思想家。京都の生まれ。日常生活のなかからあるべき倫理と人間像を探求して提示した。 諱は、は…

【岡潔の言葉】 数学は必ず発見の前に・・・

数学は必ず発見の前に一度行き詰まるのです。行き詰まるから発見するのです。 岡潔 岡潔大阪生まれ。日本数学史上最大の数学者。1925年(大正14年)、京都帝国大学卒業と同時に講師に就任、以降、広島文理科大学、北大、奈良女子大で教鞭をとる。多変数解析函…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...