読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今を生きる、言葉を贈ろう

一日一日、日々を送る中で大切にしたいもの。そんなことを思いながら目にした言葉を集めています。

 

 

 

 

【やなせたかしの言葉】 本当の正義というものは、けっしてかっこういいものではないし・・・

本当の正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです。 そしてそういう捨身、献身の心なくしては正義は行えません。 やなせたかし やなせたかし1919年高知県生まれ。東京高等工芸学校(現千葉…

【草間彌生の言葉】 前衛とは、未来に対する膨大な希望をもって現実の問題に向かう立場・・・

前衛とは、未来に対する膨大な希望をもって現実の問題に向かう立場のことです。 自分の大いなるメッセージを通して、生命の置かれる位置とはどういうものであるかを振り返ってみること。 これが現役の前衛作家としての思想だと思っています。 草間彌生 草間…

【草間彌生の言葉】 芸術の創造的思考は、最終的には孤独のなかで生まれ・・・

芸術の創造的思考は、最終的には孤独のなかで生まれ、鎮魂の静寂からきらめきはばたくものである、と私は信じています。 草間彌生 草間彌生1929年長野県生まれ。前衛芸術家、小説家。1957年渡米。画面全体に編目を描いたモノクローム絵画やソフト・スカルプチ…

【佐藤オオキの言葉】 「誰も見たことがないもの」は、「誰も求めていないもの」と紙一重・・・

「誰も見たことがないもの」は、「誰も求めていないもの」と紙一重。 理想は「本来はそこにあるはずなのに、なぜかない」ものを「補充する」くらいの感覚です。 佐藤オオキ 佐藤オオキ1977年カナダ生まれ。2000年早稲田大学理工学部建築学科首席卒業。2002年…

【草間彌生の言葉】 理不尽な環境に打ち勝つということは、追いつめられた状況に打ち勝つということであり・・・

理不尽な環境に打ち勝つということは、追いつめられた状況に打ち勝つということであり、人間として生まれてきたからこその試練であると思っています。 だから、私はいつも自分の全人格をもって苦しい状況に立ち向かってきました。 そういうことに巡り会った…

【草間彌生の言葉】 私のやることなすことは、何故か知らぬ間に誤解やスキャンダルの只中に立たされ・・・

私のやることなすことは、何故か知らぬ間に誤解やスキャンダルの只中に立たされ、大真面目になればなるほど、外部との事態は悪くなっていきました。 私の芸術の社会的結果は、前衛であるという姿勢においてはいつも惨めだったのです。 体勢と規制の壁はいつ…

【草間彌生の言葉】 網の中に無限に埋没し、無限に発展していく・・・

網の中に無限に埋没し、無限に発展していく、その突端に自分たちが住んでいる。 自分たちがそこから希望をつかみ出すことによって明日のことを考えることが出来る、無限の網という世界は、そういった神秘的な存在なのです。 草間彌生 草間彌生1929年長野県生…

【草間彌生の言葉】 「無限の網」は自分の生命や宇宙。私の思想も・・・

「無限の網」は自分の生命や宇宙、私の思想も無限であることを表現している。 草間彌生 草間彌生1929年長野県生まれ。前衛芸術家、小説家。1957年渡米。画面全体に編目を描いたモノクローム絵画やソフト・スカルプチュアで高い評価を得る。1960年代後半には多…

【草間彌生の言葉】 円が平面で活発な動きがないのに対して、水玉は立体の無限です。

円が平面で活発な動きがないのに対して、水玉は立体の無限です。 そして、水玉はひとつの生命であり、月も太陽も星も、数億粒の水玉のひとつなのです。これは私の大きな哲学です。 水玉による平和をもって、永遠の愛に対する憧憬を心深く打ち上げたいと思っ…

【佐藤オオキの言葉】 思うに、デザイナーは誰かが見たことがあるものを作るわけでも・・・

思うに、デザイナーは誰かが見たことがあるものを作るわけでも、誰もが見たことがないものを作るわけでもなく、誰もが見たことがあるようで誰も見たことがないものを作ろうとしています。 顧客やユーザーだけでなく、市場全体あるいは社会が抱く共通の「安心…

【草間彌生の言葉】 絵を描くことは切羽詰まった自らの熱気のようなもので・・・

絵を描くことは切羽詰まった自らの熱気のようなもので、およそ芸術からほど遠いところから、原始的、本能的に始まってしまっていた。 草間彌生 草間彌生1929年長野県生まれ。前衛芸術家、小説家。1957年渡米。画面全体に編目を描いたモノクローム絵画やソフ…

【ゲーテの言葉】 恋人の欠点を美徳と思わないような者は・・・

恋人の欠点を美徳と思わないような者は、恋しているとは言えない。 ゲーテ ゲーテ1749年8月28日 - 1832年3月22日 ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マ…

【オノ・ヨーコの言葉】 その日、ジョンと私は・・・

その日、ジョンと私はできてしまった。 オノ・ヨーコ オノ・ヨーコ1933年、東京に生まれる。学習院大学からアメリカへ渡りサラ・ローレンス大学で、作曲と詩を学ぶ。1966年、ビートルズのジョン・レノンと知り合い、1969年三度目の結婚をする。1975年、長男…

【オノ・ヨーコの言葉】 もう一度本来の自分の身体に意識をもどしてみないか・・・

もう一度本来の自分の身体に意識をもどしてみないか。鏡の前で裸の自分を見てみるといい。なんて美しい動物だ、と思うだろう。身体の隅々まで神経が行きとどき、細胞の一つ一つが生きている。 オノ・ヨーコ オノ・ヨーコ1933年、東京に生まれる。学習院大学…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...